春休みになかのしま幼稚園の先生達とロサンゼルスとラスベガスの幼稚園や小学校、こども病院の視察に行ってきました。保育の内容、製作や壁面等アメリカの特色に触れ、また子ども達と先生との関わりを見て保育の参考になりました。
アメリカの幼稚園を視察しました。園長先生方が丁寧に小学校や幼稚園のことを教えてくださいました。
色々な素材を使って伸び伸びと製作を楽しむ子ども達。
この時は比較的小グループでの製作をしていて、じっくりと取り組んでいるのが、印象的でした。
ゲームをしながらパソコンの操作を覚えます。 広い園庭でバルーンをする子ども達。

施設見学の他、患者さんや家族に対する心のケア等のお話を伺いました。
病院内は、子供たちが楽しい気持ちになれるポップな案内表示があり、とても明るい雰囲気でした。

「空」をテーマにクラス毎に製作していました。
その他にも、太陽・月・凧など様々のものを作っていました。
ラスベガスの幼稚園のようす。このクラスでは1〜2歳の子供たちがいました。
午前のおやつの時間です。じょうずに持って飲んでいました。

子供たちの可愛い表情に癒され、一つひとつの教材や部屋の雰囲気がとても素敵でした。
そして、先生の子供たちに対する信頼感や愛情が伝わってきました。
日本とアメリカで言葉の壁はありましたが、
何より笑顔で話しかければ自然と打ち解けられた気がします。
アメリカの学校視察、とても為になることがたくさんありました。