園長のひと言 (2017年3月16日)
 

 三月の声を聞くと春がくる。
園庭の雪を見ても、すぐ溶けて土がでる。
陽が出ると園庭の雪が溶け、水の流れる道が出来て、音を立てて流れて行きます。

 15日午前中に修了式があり、四年少、年少、年中組の子ども達、クラスの友だち、先生とそれぞれに成長した姿を見ながらのお別れがありました。
進級した子ども達、4月始業式に笑顔で会いましょう。

 午後から第39回卒園式がありました。
前日までの幼稚園の子どもの顔で遊んでいた子が、卒園児の顔になり気持ちの違いを感じました。
卒園児1人1人の顔を見ると、入園の頃を思い出し、体が大きくなった、心も大きくなった、考える力もついた子ども達。
個性を大事にしながら集団生活に必要な生き方をたくさん伝え、小学校で生かされる事でしょう。

 卒園児の皆さん、山王幼稚園を卒園した事、山王幼稚園で覚えた事、忘れないでくださいね。
近くに来た時は、遊びに来てくださいね。



3月15月(水)卒園式にて