園長のひと言 (2017年2月2日)
 

 今年は雪が多い2月です。
12月にたくさんの雪が降り、除雪が間に合わず幼稚園バスがあちらこちらで雪に埋まり、動けなくなり、大きい車に助けてもらいました。
道路は車が交差出来ない程に狭くなり、時刻表通りに運行できなくなりました。
今年になって例年より早く除雪、俳雪が進み、道幅が広くなりました。
3学期、安全に終わる事が出来れば良いと思っています。

札幌は6日から雪祭りがあります。
大通り公園横の道を通ると大雪像を何人もの人が作業している姿が見えます。
毎年大雪像の出来栄えに、何人で何回でと考えると、感動します。

それにしても今年は寒い日が多いです。
札幌で最低気温が-12℃、最高気温が-6℃という日があります。
それが冬の日常生活ですが、その寒さの中、二階位の高さの雪山で元気に遊ぶ子ども達、一緒に遊ぶ先生。
雪国の幼稚園は、四季を通して楽しく遊ぶ工夫をしています。
その中でも雪の中で遊ぶ時は、安全に遊ぶ、上手に遊ぶ、道路の雪山は危険も伝えています。

 3学期、各年齢・クラスまとめの学期。
出来る事、考える事、相手の事、意見、決定等 一人ひとりが成長しました。
とても嬉しい事です。