園長のひと言 (2016年12月22日)
 

 二学期が終わり冬休みになりました。
インフルエンザが流行る事無く、山王の子どもは元気に二学期を過ごしました。
毎日の掃除は先生の仕事です。
子どもが帰った後、教室、廊下、ホール、掃除と遊具の消毒、除菌も行っています。
掃除をする事により、子どもの動き、興味を知る事が出来、次の活動の計画に役立ちます。
21日(水)は子どもと一緒に教室の大掃除をしました。
クリーナーを入れたバケツで雑巾を絞り、床、椅子、ブロックを拭きました。
子どもが出来る範囲の掃除は良いところが沢山あります。
冬休みには子どもの出来る事、自分の持ち物、掃除、片付けを行い「きれいは気持ちが良い」事を伝えて下さい。

 人が集まる事が多くあると思います。
その時々、場面の挨拶をきちんと出来るよう声がけをし、自発的に言えるようにしましょう。
冬休みは事故に気を付け、車だけではなく、人にも注意し、大勢人がいる時は手を離さないようにして下さい。

子どもはどこかへ行きたがりますが、注意しましょう。
子ども一人で留守番をさせないで下さい。
又、家の車の陰になり、下になる事故があります。
子どもだけではなく家族皆様、安全を考え、体に気を付け健康で笑顔の新年を迎えられる事を願っています。