園長のひと言 (2016年10月31日)
 

 手稲山に雪が降り、園庭にも1回雪が降りました。初雪です。
今年は秋が無かったのか、何日かは秋だったのか、すぐに寒くなりました。
季節が変わる時期は、子どもの健康が心配になります。

 11月は園児募集が始まります。
認定子ども園になって、一号、二号認定の子ども達ですが、山王幼稚園としての教育方針は変わっていません。
心身に障がいがある子どもと仲良く遊ぶ統合保育を行い、自分との違いを認める、受け入れる社会性を身に付けます。
保育園に入れない、保育園を作って欲しい、先生の待遇を改善して欲しいといった保育園に対する話が多くありますが、幼稚園と保育園の違いは以前よりなくなっています。
私立幼稚園はそれぞれの教育理念があり、特色ある教育を行っているので、見学をして、先生、子どもの育ちを見ると良いと思います。

 社会は、ものすごい早さで変化しています。
日々の生活の中では、その変化を感じなく、生活していると思いますが、後から考えると少し前はこんなんじゃなかった、これはなかったと話題になり、幼・小・中・高の教育も変化しています。
教育もその変化に対応し、子どもに伝えていかなければなりません。
設立の理念で継続していかなければならないもの、変えていかなければならないものがあり、対応は先生も保育に対応しなければなりません。
先生もステップアップします。


 
 17日(木)、18日(金)は保育発表会があります。
保育発表会を経験した子ども達は一回り、二回り成長します。
表現方法は一人一人違いますが、それがその子の表現として成長を認め、たくさん誉めてあげて下さい。



避難訓練より