園長のひと言 (2015年11月30日)
 

 札幌も冬本番、たくさん雪が降りました。
札幌でも区によって雪の降り方が違い、山王付近は、次の日は溶けていました。
雪はこれから多くなるので、除雪機の出番が増えるそうです。
大通りでは、イルミネーションが輝き、とても綺麗です。

11月26日、27日は保育発表会がありました。
先生と子ども達で作り上げたものでした。
子どもの中には緊張していた子もいましたが、ステージでは普段通りの表現でした。
見ていて、子どもの身体の中にあるエネルギーの強さ、作り上げた楽しさ、クラスで協力して生まれた協調、3歳、4歳、5歳、6歳の子がそれぞれの環境で成長した姿を見ました。



20日間ほどで2学期が終わり、冬休みになります。
街ではクリスマスの曲が流れています。
12月のカレンダーを見ると、慌しく追われる気になりますが、子どもにとってはクリスマスがあり、サンタクロースにプレゼントをもらえるのです。
それはそれは楽しいです。

年長は幼稚園にくるサンタクロースに疑いながら、それでも楽しいクリスマスです。大人もウキウキします。
そして、すぐお正月になります。
たくさん遊び、たくさん覚え、心、身体が大きくなり、1歳大きくなります。
同じ子は1人としていません。
違って個性があり、子ども一人一人遊べることに感謝しています。