園長のひと言 (2015年10月30日)
 

 寒くなりました。朝、暖房して室内を暖めます。
バス、タイヤを冬用に取替え、冬に備えました。
2学期は8月に始まり、「暑いですね」と子どもと水遊びをしていたら、雪虫が飛び、季節が移りました。
日々子どもと遊び、話をし、成長を目の前にしていると、子どもはこうして大きく(成長)なるんだなあーと嬉しくなります。

子どもの教育、躾(しつけ)は家庭にあります。
家庭で知る事、幼稚園で知る事には違いがあり、同じ場所でも家庭と幼稚園での経験は違います。
何が違うのかは、幼稚園での経験により子どもはわかります。
家ではこうだけど、幼稚園では先生はこう言うんだよ。
たまに母親から「幼稚園では何でも自分で考えできるのに、家では何もしないんです。怒ってばかりです」と聞く事があります。
幼稚園で良い子になっているのではないと思います。
幼稚園の環境、先生の言葉掛け、他の子の行動それらが年齢に応じた言葉、行動が出来ているのだと考えます。

幼稚園では保育発表会の練習をしています。
発表会は先生が考え、台本を作り、その通りに子どもを動かし、セリフを覚え、その通り出来なければ何回も何回も同じ事をする。今は、そんな発表会はしません。
子どもの自発的考え、行動が十分生かされる。
クラスの友達と協力して「出来たね」を感じる心を育てる事が大切な事です。
子どもと先生が作り、考えた発表会です。



「子ども子育て支援新制度」が始まりました。
山王幼稚園は平成28年度より認定子ども園(幼稚園型)に移行します。
山王幼稚園として今まで行ってきた幼児教育の質の向上を考える、
統合保育は変わる事なく、そのまま行っていきます。