園長のひと言 (2014年11月29日)
 

12月、いよいよ冬本番になります。
庭木の冬囲い、園庭の遊具は雪の下になるのでブルーシートで被いました。
冬の準備は出来ていますが、今冬は気温、積雪は平年並みとの予報で雪投げに汗する先生達ですが、冬だから、雪だからと家の中で遊んでいては北海道の冬は越せません。
1、2、3月深い雪の園庭で元気に遊ぶことでしょう。



11月、保育発表会がありました。
発表会は普段の保育計画に於ける子どもの活動の延長線上にあり、発表会が特別な活動ではありません。

◎考えた1つのものを1人では出来ないけれど、力を合わせるとこんな素敵なものになるんだね。
こんなに出来たから、おばあちゃん、おじいちゃん、ママ、パパに見てもらおう。
上手に出来たら、たくさんほめてね。
あー楽しかった、先生またステージでしよう。
こんどは、こんなにお客様いないけどいい、だって楽しいもん
みんなでするのって楽しい。

これが子どもの言葉です。
全員というのではないけれど、子どもの声です。



子ども子育て支援制度が4月からスタートします。
全国を見ても参加する幼稚園はまだ少ないと聞いていますが、スタートしてどうなるのか、山王幼稚園の教育環境が今のまま維持できるのであれば良いと考えています。
スタートしてから、幼稚園がどう変化するのか、そのままなのか見てから判断したいと思います。