園長のひと言 (2013年4月11日)
 

平成25年度が始まりました。

園舎2階の高さがあった雪山はすっかり溶け、園庭は雪が無くなりました。
春の日差しを一杯に浴び、外で元気に遊ぶにはもう少し先になりますが、始業式も入園式を終えた子ども達の顔は笑顔一杯です。

入園児はどうやって遊ぶかわからなくて教室の椅子に座っている子もいて、自分の世界を作っています。
先生は昨年とは違うクラスを作り、一年間の計画を立てています。
新入園の子どもが幼稚園児になるのは、今しばらくかかりますが、話を聞ける子、判断が出来る子に成長していきます。
とても楽しみですね。

四月といってもまだまだ寒い日があります。
風邪を引かなように気を付けて下さい。

ゴールデンウィークまでは、新しい環境に慣れ、適応する時です。

又、規則正しい生活に家族で慣れる時でもあります。

一年目協力して頂く事がたくさんあると思います。
よろしくお願いします。