園長のひと言 (2011年7月)
 

一学期が終了しました。
夏休み中 安全に生活するために守ってほしい事を伝えながら、
北海道は空気を体一杯に満たし、外遊びで日焼けした子どもがいる中で、

「幼稚園の中で遊ぶプログラムが増え工夫しています」

「幼稚園の中に砂場を作りました」 

「外で遊ぶ時間を制限しています」

等聞き、本当は不自由なのに先生達は今できる事を子どもの笑顔に変える努力をしていると思うと、子どもの笑顔を増やす努力をしなければならないと話し合っています。

一学期が終わり、運動会、お泊まり会を経験した子ども達は、成長した姿を見せます。
四月とはあきらかに違う表情となり遊び方も変化しています。

健康で安全に過ごせる夏休みにし、二学期始業式には元気な顔で会いましょう。










 

  BACK