園長のひと言 (2009年10月)
 

 今年の冬は暖かいという予報が出ていました。
地球規模で見ると暖かい冬が良い事なのかどうかわかりませんが、
冬園庭に作る大きな雪山で遊ぶ子どもたちの楽しそうな顔を今から想い、
寒い冬でも外で元気に遊べる体力、気力を作っていこうと思います。

子どもがその年齢に応じた成長をするには家庭、社会、幼稚園でかかわる大人、先生の影響を受けます。
家庭で言葉、環境、社会での経験、幼稚園での集団生活、子どもは全身で受け止め個性の中で成長していきます。
目に見える成長、見えないけれど確実に成長しているな、こんな事が出来るようになっているんだと思う事があります。

11月14日(土)、15日(日)は保育発表会があり、子どもと話し合いながら、完成に向かっています。
演じて、見てもらい、たくさん拍手をもらい、その事を認めてもらい、ほめてもらう。
上手、下手ではなく行いを認めてもらい、ほめてもらう事、こんなうれしい事はないと思います。
ほめる方法はいろいろあり、家庭で違うと思いますが、子どもが一番うれしいほめ方でお願いします。
ほめる時は「笑顔」でほめましょう。