園長のひと言(8月)

 残暑お見舞い申し上げます
それにしても、天気がおかしいです。
突然の豪雨による被害があると思えば、少し離れた地域では雨は降っていない、

地震、雷、地滑りの被害もあり、逃げる事も防ぐ事も出来ないものがあります。
地球の環境を守りましょう。森林を守りましょう。
ゴミを分別し、資源を大切に、これらは大人に向かっているのか、
子どもに向かっての言葉なのか、大人に向かっての言葉なら、大人が責任を持っ
て守らなければ、子ども達の未来に希望がありません。
どんな言葉にも耳を傾けない、自分のしたい事だけをする大人がたくさんいます。
その大人のする事を、子どもはしっかり見ていて
「そんな事してはダメだよね」と言っていた子どもが同じ事をするようになります。
色々な人格の人間がいて、社会が成り立つのであれば、良い事が出来る人、
悪い事を率先して出来る人、人が見ていなければ何をしても良いと思える人がいても良いけれど、少なくても、幼児には、良い事、悪い事を伝えたい。
それを伝えられる山王幼稚園でありたいと思う日々です。